--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2015-01-28(Wed)

フラッグ戦の流れ

フラッグ戦の流れは分けるとするなら
序盤
中盤
終盤
の3つに分けて説明します。

序盤
 

 序盤の範囲としては開始から一回キャプチャーされるくらいの間です。すごく範囲が狭いと思いますが理由があります。

 開始したら旗を奪いにいきます。といってもこれは序中終のすべてにいえる事ですが、大きな違いがひとつあります。
すべてのプレイヤーにバーストがない、という事。当然といえば当然ですが、序盤を左右する大きな要因になります。
旗を拾うにも旗を守るにも捕まったら抜け出せない。その結果捕まった側がキャプチャーをされる事が非常に高くなるわけです。最悪の場合連続キャプチャーすら許してしまいます。しかもそれだけでは終わりません。

 一度キャプチャーされた頃には、最初のバースト回復アイテムが出現します。こちら側は倒されてバーストゲージがたまっていますが、相手はアイテムによってバーストゲージが増加しています。一概には言えませんが、ポイントを取られたにも関わらず状況は同じか、もしくは不利の状況になってしまいます。
序盤から優位的状況を与えないためにも、旗は少なくても2人、不安であれば全員で取りに行くくらいの気持ちでいましょう。

中盤

 中盤の範囲としては序盤の攻防が終了し、お互いが旗を持った状態になった所から30ポイントくらいまでになります。

 ここでは『フラッグ戦での基本的な動き』で書いた事と重なる部分が多いです。また中盤の攻防については書こうとすればとてつもなく細かい内容になってしまうため、その補足的な事を書こうと思います。
 
 まず気になるのはキャプチャーカウンターです。
 これはキャプチャーをするため・させるために味方が自陣にて敵と交戦している時に、キャプチャーした後旗を奪われ相手の旗が再出現する前・もしくは追いつけずにキャプチャーをされるといった事がよくあります。これはキャプチャーするため・阻止するために敵味方が自陣に集まっているためです。

 カウンターを阻止しようとキャプチャー後も自陣で戦闘を続けている場合が多いと思います。ですが一番重要なのは何度も言いますが、旗を背負う事です。キャプチャーした時点で次の旗奪取に意識を向けましょう。たとえ敵を捕まえていたとしてもそれを中断して拾いに行きましょう。キャプチャーするために自陣に味方が集まっているのと同じで敵も阻止しようと集まってます。なので通常より旗を背負う事は容易なので落ち着いていけばカウンターは防げます。
 とはいってもHPが低い人が取りに行ってもすぐ倒されてしまうので、キャプチャーした時点で画面上側のHPバーを確認してHPの高い人が取りに行きましょう。HPの低い人は防衛・妨害・援護に回りましょう。この辺りは臨機応変に、というやつですね。
 
 それともうひとつ、味方の旗持ちがやられた場合の立ち回りです。
 よく見かけるのは味方旗持ちが死にかけだったり死んだため相手陣地に向かってキャプチャーの阻止もしくはリターンされた旗を奪おうとする行動です。相手陣地に味方2人が集まりなんとか阻止しようとしますが、人数差やバースト等様々の条件的不利があるため成功する確率は高くありません。少しでもキャプチャーをさせない確率をあげるためには二人の動きがとても大切になります。

 まず第一に、味方の旗持ちが死にかけでも見捨てない事。1人は常に近くにいましょう。極端なことを言えば助ける必要はありません。重要なのは旗をすぐにリターンさせる事です。そしてもう1人が相手陣地にいて旗を奪う。旗持ちが死にかけの時はそれ+相手旗持ちに圧力をかけて敵陣から離れさせるとさらにいいです。
 この一連の流れが出来ればキャプチャーされる事が減ります。是非意識してやってみてください。

終盤

 終盤の範囲としては30~39ポイントの間ですね。
 ここで一番重要なのが34~35ポイントまでの攻防です。
最後の1ポイントを獲得するにはキャプチャーしかありません。その境界線となるのが34~35ポイントです。34ポイントの状態でキャプチャーされても39P。ここからさらに1キャプチャーが必要になります。対して35Pの状態でキャプチャーしたら試合終了。この差はとても大きいです。

 そしてこのポイントの攻防を意識した上での戦いが必要になります。
 まずキャプチャーする側が相手旗持ちを倒してリターンできる状態で34ポイントの場合、キャプチャーをせず相手を倒しましょう。気づいていなければ旗を奪いに来るのでその相手を倒してもいいですし、HP低い人がいればその人を狙いましょう。味方の旗持ちのHPが高ければ最悪奪われても状況に大差はありません。逆にHPが少なければ取られる前にキャプチャーしてしまえば問題ありません。

 逆に相手が34ポイントでキャプチャーされそうな場合、HPの低い人は逃げましょう。または殴られている味方がいたら助けに行きましょう。倒されたら試合終了です。死なない様に立ち回った上でもっともHPの高い人が旗を奪いに行ったり旗持ちを倒しにいきましょう。大体は旗を奪われた元旗持ちがこの役目になると思います。余裕があるならバーストをしっかり取ってからいきましょう。死んだらいけないわけですから、慎重に。状況はどう転んでも不利ですが、負け確定よりはマシです。

 流れとしてはこんな感じでしょうか。状況が常に変化するフラッグ戦において理解を深めるのは試合数こなして経験値あげていくのが大切ですが、上記の事を理解してフラッグ戦すると試合結果も変わってくるはずです。頑張ってください!
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

プロフィール

たふ

Author:たふ
名前:たふ
KRITIKAで爆魔しとります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
カテゴリ
カウンターさん
RSSリンクの表示
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。