--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2015-01-27(Tue)

フラッグ戦の基本的な動き・考え方・知識

 まず最初は基本的な所から。ルールやスキル仕様変更などについてはKRITIKA公式データベースのPVPの所で確認してくだい。

 フラッグ戦とは、自陣に出現した旗を守りながら敵陣に出現する旗を奪取する。自陣の旗がある状態で相手の旗を持ち帰る(以後キャプチャーと記載)事で5ポイント。相手プレイヤーを倒す事で1ポイント。40ポイント先取で最後のポイントはキャプチャーのみ有効。

 ルールをまとめたらこれだけです。難しい事はありません。では何が難しいのか。それは一言で言えば、言うは易く行うは難し。やってみると難しいというやつだと思います。
ですからまずここではフラッグ戦でする事を簡潔にまとめていきます。

 フラッグ戦で動きは大まかに分類して

①敵陣の旗を奪う
②自陣の旗を守る
③旗を背負っている相手を倒す
④旗を背負っている味方を守る
⑤敵を倒す・妨害(旗持ち以外)
⑥味方の救出・援護(旗持ち以外)

 この6つに分類されます。どれもフラッグ戦では必要な動きであり、どれが欠けていても不利になるのは間違いありません。しかし実際に試合をしていてこの6つを同時に行うなんて事は出来るはずがないです。人間だもの。だからこそ必要になるのが何を優先されるかという判断になります。その優先順位を上記の6つで行うと

                        ①>④>③≧⑥≧⑤>②

だと考えています。
 フラッグにおいて勝つためにまず必要なのは、相手の旗を奪うこと。相手の旗を背負ってからが本番です。旗を他の味方に任せて守っていたら、味方がやられて自陣の旗を奪われキャプチャーされた。こんな事を試合開始直後に体験した方は多いのではないでしょうか?

 これは旗を奪われなければポイントは取られないと思っての行動だと思われます。間違ってはない考えではありますが、ポイントを取られないために一番有効なのは守る事ではなく相手の旗を背負う事です。旗を守る場合、旗を奪われてしまったら終わりですが、旗を背負えば旗を奪われた所で相手はキャプチャーが出来ません。ですからまずは旗を奪いにいく、もしくは旗を奪おうとする味方を援護しましょう。極端な話を言えば三人で奪いに行ってもいいと思います。

 同じような考え方で次に優先されるのが、旗持ちの味方を守る事です。互いに旗持ちがいる状態は旗持ちを倒してキャプチャーを目指します。その中で相手の旗持ちを倒しに向かう事も必要ですが、その前にまず味方の旗持ちの安全を確保してあげてください。旗持ちに襲い掛かる相手を倒すまでしなくても旗持ちが逃げる猶予を作ってあげるだけでもかなり変わります。

 こうして旗持ちの安全をある程度確保できてから、相手の旗持ちを倒しに行きます。倒さない限りポイントは入りませんからね。相手の旗持ちを追う時に大切なのは、相手旗持ちを追い続けて移動させること。1:1で倒せる自信がなくて先回りや壁待機して相手が来るのを待っている人もいるかと思いますが、安全な場所に相手旗持ちがいる場合動くことは少ないため、なかなかチャンスが来ない所かバーストゲージを溜められて余計に倒しにくくなってしまいます。

 相手旗持ちを追いかけて逃げさせる、移動させることによって他の味方と遭遇して挟み撃ちになる。また相手旗持ちが挑んできて自分が捕まってしまっても他の味方がやってきて援護・倒してくれるといった事につながります。要は相手旗持ちを動かすことでチャンスが広がります。自分だけで倒す事が出来なくても倒す以上の仕事だって出来ます。
 ただし旗持ちを追っている間も味方の旗持ちの動向には意識を向けていてください。旗持ちを追いかけていたら味方の旗持ちが死んでしまっては意味がありません。この辺りはフリーな味方2人の立ち回りが重要になってきます。

 味方の救出・援護、敵を倒す・妨害においては、基本的には助ける・妨害する必要があれば行いましょう。(味方旗持ちがかこまれてしまう・旗拾おうとしてる人が殴られている等)。フリープレイヤー同士の殴り合いはほとんど意味がないからです。特にHPが少ない相手がいたら倒したくなりますが、倒してしまうとHP全回復の敵が生まれてしまい戦況が不利になるだけです。あえて倒さず泳がせてチャンスを広げましょう。

 ここで少し脱線してしまいますが、ここまでの動き方を通じて大事な事、援護・救出方法について少し書きます。
殴られている味方、特に旗持ちを助けるのに重要なのは、急いで助けることではなく確実に助けることです。急いで助けるために近づいて一緒に巻き込まれる。そんな光景を見かけたり実際にしてしまったりしてる方が多いと思います。巻き込まれた結果待っているものは悲惨な結果です。巻き込まれない様に確実に助けましょう。


 助ける方法として一番最適なのは遠距離スキルです。安全かつ早急に助けられます。これで助けられるなら特に問題はありません。しかし近づかないと助けられない場合もあります。近づいて助ける際は相手も気づいてるでしょうから、むやみにいっても危険です。
 判定の強いスキルがないのであれば近づいて助けるぞ!という雰囲気を出して相手の動きを制限させましょう。相手も妨害される事を想定しているでしょうから何かしら行動を起こしてきます。そこをしっかり見極めて助けれる場面で助けましょう。(細かい所は職業毎で様々なので省略させていただきます)味方の運命を握っているのは助けに来た貴方なんです!

 そんなわけで少し脱線しました。最後です。旗守りは優先度最下位です。守ってもいいですが、よほど余裕がある時にしましょう。キャプチャーしにくる味方がいて安全に向かってきているのであれば守っていたほうがいいですが、やられそうなら助けにいく、間に合わなければ戻された旗を拾うに行くにしましょう。

 長々と書きましたが、自分はこんな事を意識しながらやってます。フラッグ戦は常に状況が変化するので、その都度考えていたら混乱してしまうと思います。ですので一度上記で書いた事を頭の隅でも置いてフラッグ戦をしてみてください。新しく見えてくる物があると思います。

 最後にフラッグとして知ってる様で知らない知識。バーストの有無を見分ける方法です。

バーストを見極めましょう

 足元を見ていただいたら分かるかと思いますが、円が光っています。これがバーストがたまっている状態になります。これを知っているかいないかではかなり変わってきます。知らない人がいたら是非教えてあげてください。


不具合か仕様か分かりませんが、見えなくなりました!予測が必要になりそうですね
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

No title

目から鱗です^

強くなくてもフラッグで出来ることってたくさんあるんですね!また一つkritikaの楽しみができました。

本当に有難うございましたヾ(*´∀`*)ノ

Re: No title

>maymayさん
やることはいっぱいあります。このブログを通じて楽しみを知ってくれたならうれしいです!
プロフィール

たふ

Author:たふ
名前:たふ
KRITIKAで爆魔しとります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
カテゴリ
カウンターさん
RSSリンクの表示
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。