--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2015-01-31(Sat)

旗持ちで生き残ろう

 旗を持ったらキャプチャーできるまで旗を維持する。仕事としてはそれだけなのですが、維持する事の大変さはフラッグ戦をしていれば誰もが実感する事です。ここでは旗持ちとして鈍足カバと呼ばれながら身に付けた生き残る術を書いてまいります。

旗を拾ったとき

 旗持ちをするにはまず相手の陣地に向かい旗を拾いに行きます。早速ですがここが最初のポイントです。旗を拾った前後の状況が大きなヒントになります。自陣の旗を奪いにいく敵や相手の旗陣地防衛の有無、旗を奪われるといった出来事で相手の位置を把握できます。もちろん自分も旗を拾ったら位置がばれてしまうわけですから、それらの出来事を元にまずは安全な場所に移動しましょう。
 近くに敵がいないけどこが安全なのかわからない場合は、無闇に動かず息を潜めて周囲の状況を確認するのも手です。特に開始直後はバーストがないので、下手に動いて見つかってしまったら倒されてしまいます。慎重に行動しましょう。

2、旗を維持する

 こうして相手の旗を持ち、相手に旗をとられたら旗をキャプチャーできるまで維持するお仕事が始まります。
ここからの行動は襲ってくる相手を如何に翻弄できるかがカギになります。そのために必要なもの、それは『死角』『』『情報』だと僕は考えています。それらを段階を追って説明していきます。

 『死角』
 
 旗を維持していくために敵に見つからない・戦わないという事は重要です。無駄な戦闘を避けるために死角の把握は必須になります。特にリスポン地点からの死角は把握しておきましょう。そういうわけで死角が分かりやすい動画を用意いたしましたのでご覧ください。
 

  ご覧いただいた通り、外周の壁にくっつくとリスポン地点からは死角になります。旗を持っていても見えません。相手がリスポンしそうな時に是非死角を利用してください。ただし動画でも分かるように少しでも壁から離れたりジャンプしたりすると見えてしまうのでそこは注意してください。それと旗持ちで坂上に立って状況を確認している人がいますが、その行為は逆を言えば自分の位置を知らせている事になります。状況がよほど分からない以外は死角に身を潜めましょう。

『音』

 死角で身を潜めて坂上にも顔を出さないなら状況が分からなくなるじゃないか、と思う人もいるでしょう。事実、死角から見える範囲は限られます。その限られた状況で重要になるのが耳からの情報、音です。

 音とは、スキル音やそれに伴うセリフですね。機動力の高い職業は、スキルやダッシュ攻撃での移動能力が優れていますが、その際音を発生させます。その音をしっかり聴く事で誰が近づいて来ているか把握できるわけですから、やり過ごしたり早めに移動したりと対策がとれます。
 死角と音、この2つを活用して周囲の状況を把握出来る様になれば、すぐには捕まらなくなっているはずですよ!

『情報』

 ここまで来れば後1歩。最後のポイント、画面に常に表示されるHPバーとミニマップの情報です。
自分の近くの状況は死角と音を駆使して、かなり把握できる様になります。となると後は全体の状況がある程度把握できる様になれば、敵から逃げる際に危険度が低いルートを選択できる様になります。
 まずは味方のHPバーが減るか敵のHPバーが減るかで敵が最低1人味方の所にいるのが分かりますね。これは戦闘しているわけですから当然です。(ちなみ慣れてくると味方のHPの減り具合で相手チームの誰が味方を殴っているか分かるようになります。)。それとミニMAPの味方の位置を照らし合わす事で遠くにいる敵の位置を把握できます。

 言うだけならさほど難しいことではないのですが、問題もあります。この情報で得られるものは曖昧で一時的なものでしかないので、画面上側を頻繁に見る必要があります。それはつまり何度も視線を画面上側に持って行くことになり、自分周辺の状況の把握が疎かになる事になります。必要な行動であると同時に危険も含んでるので、活用までには慣れが必要です。いきなり全部やろうとしても出来ることではないので、まずは上記二つをしっかり理解・活用できるようになってから情報を活用してください。

 かなり抽象的な上に長く説明が多くなりましたが、旗を維持するための解説はこれで一区切りします。書こうとするとキリがないのとすべての職業で必要な事を中心に書いているのでここでは割愛します。

3、旗をキャプチャーする

 最後はキャプチャーまでの流れです。ここまで頑張って維持してきたわけですから、最後も気を抜かずキャプチャーしましょう、といいたい所なんですが・・・、キャプチャーに関しては味方との連携が大きく関わってくるので旗持ち個人でどうにかするのは難しいです。キャプチャーをする可能性をあげるなら、相手旗持ちが死にそうなら自陣近くで待機するとかバーストを溜めておくといった方法がありますが、いつ相手旗持ちが倒せるか分からないので毎回出来ることではありません。また相手旗持ちを味方が倒したので自陣に戻ろうとしたらリターンする前に旗を奪われるなんて事もあるので非常に難しいです。

 つまりキャプチャーに関しては味方のフリープレイヤーの方が重要なんです。旗持ちの命運は彼等に握られているんです。ここの攻防に関しては次のフリープレイヤーの動き方に書いていますので、旗持ちとしては味方と上手く連携してキャプチャーできる様に頑張りましょう。
謝罪:キャプチャーに関しては自分の職業が爆魔であるため、強気にいっても出来てしまう職業という事もあり、細かい動きに関しては説明できる様な立場ではないです。申し訳ありません・・・!

4、最後に

 ここまで一連の流れを追いながら旗持ちの立ち回りを書いていきました。後はすこしずつ実践していくだけです。頑張りましょう。それでは最後に全体の補足をしていきます。
 
 今回この記事の中で書いた旗持ちの動き方は、受身の動き方、つまり逃げる事に重点を置いています。実際の所、死角や音を使えば敵に先手を取って攻撃できる攻めの守りも出来るのですが今回は触れていません。これはまずは維持するという行動をしっかり身に付けてほしかったのと、今回の方法を基準として自分なりの動き方を考えて欲しかったからです。

 今回書いた事はあくまで僕の意見です。これが正しい!なんてことはありません。参考にはなるはずですが、その通り動くのが正解にはならないのがフラッグ戦の難しさです。前の記事でも固定概念を持たないでくださいといいました。ですからこれらを参考にした上で自分なりの立ち回りを考えてみてください。フラッグ戦で一番使うのは頭ですからね!

 長くなりましたが今回はここまでとなります。書くのにすごく悩みながら書いたので理解しづらい点もあるかと思いますので、少しでも引っかかった事があればコメントかゲーム内でささやきしてください。出来る限りお答えいたします。
スポンサーサイト
2015-01-30(Fri)

固定概念は捨てましょう

  フラッグ戦で戦っていて多くのプレイヤーに共通して気になっていたことがありました。それは固定概念を元に行動してる人が多いという事です。フラッグ戦をして様々なプレイヤーと戦うと、プレイヤー毎にプレイスタイルという物が見えてきます。しかしその中で多くのプレイヤーに共通して感じることがあります。それが行動の固定化です。

 例を挙げるなら『旗持ちが得意な職なので率先して旗を拾う』とか『敵の旗持ちは敵陣にいる』とか『旗を持ったら自陣に帰る』といった行動ですね。その行動自体は間違っているわけではありません。むしろ正解の場面の方が多いです。ですがその行動が正解ばかりというわけでもありません。

どんな行動も常にやっていれば対策を採られます。その行動が一本化していればいるほど対策という変化に弱くなります。状況が変化しやすいフラッグ戦においてそれは大きな足かせになります。フラッグ戦が始まって1年が見えてきました。これを機に一度自分の行動を見直して見てください。
2015-01-28(Wed)

フラッグ戦の流れ

フラッグ戦の流れは分けるとするなら
序盤
中盤
終盤
の3つに分けて説明します。

序盤
 

 序盤の範囲としては開始から一回キャプチャーされるくらいの間です。すごく範囲が狭いと思いますが理由があります。

 開始したら旗を奪いにいきます。といってもこれは序中終のすべてにいえる事ですが、大きな違いがひとつあります。
すべてのプレイヤーにバーストがない、という事。当然といえば当然ですが、序盤を左右する大きな要因になります。
旗を拾うにも旗を守るにも捕まったら抜け出せない。その結果捕まった側がキャプチャーをされる事が非常に高くなるわけです。最悪の場合連続キャプチャーすら許してしまいます。しかもそれだけでは終わりません。

 一度キャプチャーされた頃には、最初のバースト回復アイテムが出現します。こちら側は倒されてバーストゲージがたまっていますが、相手はアイテムによってバーストゲージが増加しています。一概には言えませんが、ポイントを取られたにも関わらず状況は同じか、もしくは不利の状況になってしまいます。
序盤から優位的状況を与えないためにも、旗は少なくても2人、不安であれば全員で取りに行くくらいの気持ちでいましょう。

中盤

 中盤の範囲としては序盤の攻防が終了し、お互いが旗を持った状態になった所から30ポイントくらいまでになります。

 ここでは『フラッグ戦での基本的な動き』で書いた事と重なる部分が多いです。また中盤の攻防については書こうとすればとてつもなく細かい内容になってしまうため、その補足的な事を書こうと思います。
 
 まず気になるのはキャプチャーカウンターです。
 これはキャプチャーをするため・させるために味方が自陣にて敵と交戦している時に、キャプチャーした後旗を奪われ相手の旗が再出現する前・もしくは追いつけずにキャプチャーをされるといった事がよくあります。これはキャプチャーするため・阻止するために敵味方が自陣に集まっているためです。

 カウンターを阻止しようとキャプチャー後も自陣で戦闘を続けている場合が多いと思います。ですが一番重要なのは何度も言いますが、旗を背負う事です。キャプチャーした時点で次の旗奪取に意識を向けましょう。たとえ敵を捕まえていたとしてもそれを中断して拾いに行きましょう。キャプチャーするために自陣に味方が集まっているのと同じで敵も阻止しようと集まってます。なので通常より旗を背負う事は容易なので落ち着いていけばカウンターは防げます。
 とはいってもHPが低い人が取りに行ってもすぐ倒されてしまうので、キャプチャーした時点で画面上側のHPバーを確認してHPの高い人が取りに行きましょう。HPの低い人は防衛・妨害・援護に回りましょう。この辺りは臨機応変に、というやつですね。
 
 それともうひとつ、味方の旗持ちがやられた場合の立ち回りです。
 よく見かけるのは味方旗持ちが死にかけだったり死んだため相手陣地に向かってキャプチャーの阻止もしくはリターンされた旗を奪おうとする行動です。相手陣地に味方2人が集まりなんとか阻止しようとしますが、人数差やバースト等様々の条件的不利があるため成功する確率は高くありません。少しでもキャプチャーをさせない確率をあげるためには二人の動きがとても大切になります。

 まず第一に、味方の旗持ちが死にかけでも見捨てない事。1人は常に近くにいましょう。極端なことを言えば助ける必要はありません。重要なのは旗をすぐにリターンさせる事です。そしてもう1人が相手陣地にいて旗を奪う。旗持ちが死にかけの時はそれ+相手旗持ちに圧力をかけて敵陣から離れさせるとさらにいいです。
 この一連の流れが出来ればキャプチャーされる事が減ります。是非意識してやってみてください。

終盤

 終盤の範囲としては30~39ポイントの間ですね。
 ここで一番重要なのが34~35ポイントまでの攻防です。
最後の1ポイントを獲得するにはキャプチャーしかありません。その境界線となるのが34~35ポイントです。34ポイントの状態でキャプチャーされても39P。ここからさらに1キャプチャーが必要になります。対して35Pの状態でキャプチャーしたら試合終了。この差はとても大きいです。

 そしてこのポイントの攻防を意識した上での戦いが必要になります。
 まずキャプチャーする側が相手旗持ちを倒してリターンできる状態で34ポイントの場合、キャプチャーをせず相手を倒しましょう。気づいていなければ旗を奪いに来るのでその相手を倒してもいいですし、HP低い人がいればその人を狙いましょう。味方の旗持ちのHPが高ければ最悪奪われても状況に大差はありません。逆にHPが少なければ取られる前にキャプチャーしてしまえば問題ありません。

 逆に相手が34ポイントでキャプチャーされそうな場合、HPの低い人は逃げましょう。または殴られている味方がいたら助けに行きましょう。倒されたら試合終了です。死なない様に立ち回った上でもっともHPの高い人が旗を奪いに行ったり旗持ちを倒しにいきましょう。大体は旗を奪われた元旗持ちがこの役目になると思います。余裕があるならバーストをしっかり取ってからいきましょう。死んだらいけないわけですから、慎重に。状況はどう転んでも不利ですが、負け確定よりはマシです。

 流れとしてはこんな感じでしょうか。状況が常に変化するフラッグ戦において理解を深めるのは試合数こなして経験値あげていくのが大切ですが、上記の事を理解してフラッグ戦すると試合結果も変わってくるはずです。頑張ってください!
2015-01-27(Tue)

フラッグ戦の基本的な動き・考え方・知識

 まず最初は基本的な所から。ルールやスキル仕様変更などについてはKRITIKA公式データベースのPVPの所で確認してくだい。

 フラッグ戦とは、自陣に出現した旗を守りながら敵陣に出現する旗を奪取する。自陣の旗がある状態で相手の旗を持ち帰る(以後キャプチャーと記載)事で5ポイント。相手プレイヤーを倒す事で1ポイント。40ポイント先取で最後のポイントはキャプチャーのみ有効。

 ルールをまとめたらこれだけです。難しい事はありません。では何が難しいのか。それは一言で言えば、言うは易く行うは難し。やってみると難しいというやつだと思います。
ですからまずここではフラッグ戦でする事を簡潔にまとめていきます。

 フラッグ戦で動きは大まかに分類して

①敵陣の旗を奪う
②自陣の旗を守る
③旗を背負っている相手を倒す
④旗を背負っている味方を守る
⑤敵を倒す・妨害(旗持ち以外)
⑥味方の救出・援護(旗持ち以外)

 この6つに分類されます。どれもフラッグ戦では必要な動きであり、どれが欠けていても不利になるのは間違いありません。しかし実際に試合をしていてこの6つを同時に行うなんて事は出来るはずがないです。人間だもの。だからこそ必要になるのが何を優先されるかという判断になります。その優先順位を上記の6つで行うと

                        ①>④>③≧⑥≧⑤>②

だと考えています。
 フラッグにおいて勝つためにまず必要なのは、相手の旗を奪うこと。相手の旗を背負ってからが本番です。旗を他の味方に任せて守っていたら、味方がやられて自陣の旗を奪われキャプチャーされた。こんな事を試合開始直後に体験した方は多いのではないでしょうか?

 これは旗を奪われなければポイントは取られないと思っての行動だと思われます。間違ってはない考えではありますが、ポイントを取られないために一番有効なのは守る事ではなく相手の旗を背負う事です。旗を守る場合、旗を奪われてしまったら終わりですが、旗を背負えば旗を奪われた所で相手はキャプチャーが出来ません。ですからまずは旗を奪いにいく、もしくは旗を奪おうとする味方を援護しましょう。極端な話を言えば三人で奪いに行ってもいいと思います。

 同じような考え方で次に優先されるのが、旗持ちの味方を守る事です。互いに旗持ちがいる状態は旗持ちを倒してキャプチャーを目指します。その中で相手の旗持ちを倒しに向かう事も必要ですが、その前にまず味方の旗持ちの安全を確保してあげてください。旗持ちに襲い掛かる相手を倒すまでしなくても旗持ちが逃げる猶予を作ってあげるだけでもかなり変わります。

 こうして旗持ちの安全をある程度確保できてから、相手の旗持ちを倒しに行きます。倒さない限りポイントは入りませんからね。相手の旗持ちを追う時に大切なのは、相手旗持ちを追い続けて移動させること。1:1で倒せる自信がなくて先回りや壁待機して相手が来るのを待っている人もいるかと思いますが、安全な場所に相手旗持ちがいる場合動くことは少ないため、なかなかチャンスが来ない所かバーストゲージを溜められて余計に倒しにくくなってしまいます。

 相手旗持ちを追いかけて逃げさせる、移動させることによって他の味方と遭遇して挟み撃ちになる。また相手旗持ちが挑んできて自分が捕まってしまっても他の味方がやってきて援護・倒してくれるといった事につながります。要は相手旗持ちを動かすことでチャンスが広がります。自分だけで倒す事が出来なくても倒す以上の仕事だって出来ます。
 ただし旗持ちを追っている間も味方の旗持ちの動向には意識を向けていてください。旗持ちを追いかけていたら味方の旗持ちが死んでしまっては意味がありません。この辺りはフリーな味方2人の立ち回りが重要になってきます。

 味方の救出・援護、敵を倒す・妨害においては、基本的には助ける・妨害する必要があれば行いましょう。(味方旗持ちがかこまれてしまう・旗拾おうとしてる人が殴られている等)。フリープレイヤー同士の殴り合いはほとんど意味がないからです。特にHPが少ない相手がいたら倒したくなりますが、倒してしまうとHP全回復の敵が生まれてしまい戦況が不利になるだけです。あえて倒さず泳がせてチャンスを広げましょう。

 ここで少し脱線してしまいますが、ここまでの動き方を通じて大事な事、援護・救出方法について少し書きます。
殴られている味方、特に旗持ちを助けるのに重要なのは、急いで助けることではなく確実に助けることです。急いで助けるために近づいて一緒に巻き込まれる。そんな光景を見かけたり実際にしてしまったりしてる方が多いと思います。巻き込まれた結果待っているものは悲惨な結果です。巻き込まれない様に確実に助けましょう。


 助ける方法として一番最適なのは遠距離スキルです。安全かつ早急に助けられます。これで助けられるなら特に問題はありません。しかし近づかないと助けられない場合もあります。近づいて助ける際は相手も気づいてるでしょうから、むやみにいっても危険です。
 判定の強いスキルがないのであれば近づいて助けるぞ!という雰囲気を出して相手の動きを制限させましょう。相手も妨害される事を想定しているでしょうから何かしら行動を起こしてきます。そこをしっかり見極めて助けれる場面で助けましょう。(細かい所は職業毎で様々なので省略させていただきます)味方の運命を握っているのは助けに来た貴方なんです!

 そんなわけで少し脱線しました。最後です。旗守りは優先度最下位です。守ってもいいですが、よほど余裕がある時にしましょう。キャプチャーしにくる味方がいて安全に向かってきているのであれば守っていたほうがいいですが、やられそうなら助けにいく、間に合わなければ戻された旗を拾うに行くにしましょう。

 長々と書きましたが、自分はこんな事を意識しながらやってます。フラッグ戦は常に状況が変化するので、その都度考えていたら混乱してしまうと思います。ですので一度上記で書いた事を頭の隅でも置いてフラッグ戦をしてみてください。新しく見えてくる物があると思います。

 最後にフラッグとして知ってる様で知らない知識。バーストの有無を見分ける方法です。

バーストを見極めましょう

 足元を見ていただいたら分かるかと思いますが、円が光っています。これがバーストがたまっている状態になります。これを知っているかいないかではかなり変わってきます。知らない人がいたら是非教えてあげてください。


不具合か仕様か分かりませんが、見えなくなりました!予測が必要になりそうですね
プロフィール

たふ

Author:たふ
名前:たふ
KRITIKAで爆魔しとります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
カテゴリ
カウンターさん
RSSリンクの表示
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。